アフィリエイトスクエア♪人妻自立化計画代表

寿(ことぶき)退社から11年。社会から隔離された環境でちょいボケの私。ネットビジネスで起業しました。好きなだけ自宅で仕事ができて、収入もじぶん次第。自分に自信もつきました。仕事のブランクも肥やしになる

    つぶやき

     朔旦冬至
    19年に一度なんですね。
     

    そして、
    19年のサイクルの終わりのはじまり

    そして、
    冬至とい太陽の長さがきわまり短く、そしてあらたにだんだんと増して行く

    そして、
    月もこれから満月に向かって満ちてゆく


    珍しい日なんです。

    きょうという日は。



    というわけで、ブログも再出発です。

    迷惑メールが飛び交う状況の中で、
    主なポータルなどのフィルタリングシステムが立ち上がり、
    メルマガなどが
    届きにくくなったときがありますね。

    私は2003年から
    ヤフーのフリーメールを使っています。

    当時は、ネット環境をブロードバンドに夫が整備して
    アカウントは家族に一つ。
    主婦の身分である私は、フリーでアドレスをもっているにすぎなかったものですから。プライベートなメールのやりとりや、当時はやったお小遣い稼ぎの懸賞サイトへの登録も、このメールアドレスでしていました。^^

    とはいえ、その時期からいろいろなメールを使っていますが、
    唯一、このメルアドは失くさずに使っていました・・・


    年月がたつと、
    いろいろなメルマガの歴史など、そのときの
    ネットビジネスの話題などが記録できた状態で
    興味深いのですが。

    それはまた別の機会に
    書くとして、

    必要なメールやメルマガがとどかなくなってからというもの、
    迷惑メールのフィルタを思い切って取って
    なんでも受信できるように設定しました。

    しかし〜

    どんどん溜まるメルマガや勧誘メール、売り込みメール
    すごい!


    その中から、
    自分の必要なメールを拾い出す作業。

    振り分け設定もしているのですが、
    懇意の方が別のメールアドレスで送信してくると、
    もう、お手上げ!


    すぐに、数万のメールになってしまい、
    他の作業ができなくなって・・・


    悪循環ですね。

    なかには、アフィリエイトしているときに
    個人的に質問などのやりとりをしていた方などのメールも
    紛れてしまって・・・





    でも、思い切って
    また、フィルタをかけるようにしました。
    最近では、「あれ?こんなに私宛のメールって少なかったっけ?」
    と拍子抜けしてしまうくらい
    少なくなって、快適です。


    でも、届かないメルマガは、
    迷惑メールフォルダの中へ・・・


    ときどきバッテン印のメルマガを拾い出すようにしていますが、
    ほとんど内容は「売り込み」なので、
    スルーするようになりました。


    やっぱり
    「伝えたい」必要がある方は
    電話があるのですから、
    メールじゃなくても大丈夫なんですよ。
    【迷惑メールフィルター】の続きを読む

    インターネットをサーフィンするようになって、はや5年。
    最初は、懸賞サイトなんかを徘徊するくらいだった私が

    楽天ブログ(当時は楽天日記)を開設するようになり。
    翌年くらいから、情報商材でアフィリエイトという言葉を知り。

    ネットビジネスといえば、
    あやしい、ネットワークビジネスの類の
    メーリングリスト登録くらいしかなかった時代から
    ネットショップやアフィリエイトで稼げる!というような
    世界も世間に知られるようになり・・・


    去年の12月でニュースで派遣切りなどの問題が
    深刻化して、勤労所得が主流の人々も
    「副業」してネットビジネスを真面目に検討するようになって・・・

    5年間かなりいろいろ個人における
    「働く」とか「仕事」とか「稼ぐ」という周辺が
    大きく変わったと思います。


    そんな中、5年前からヤフーのフリーメールで
    個人的なメールを受け取ってきた私。


    今でこそ、メールアカウントをいろいろもっていますが、
    ずーっと使い続けていた初期のヤフーメールアドレス、

    パンクしました!


    【ヤフーメールボックスのショック!!】の続きを読む

    ブログネタ
    仕事あれこれ に参加中!
    デスク周りがスグ資料の山になってしまう。

    ほかにも、領収書、DMレター、請求書・・・

    読みかけの本

    今年の夏はことのほか

    暑かった・・・



    そんなこんなで

    ちょっと気分転換

    仕事部屋の掃除をしました。



    意外に、ネットビジネスのDVDや

    CDが多かったので、

    こちらも、きちんと整理して・・・


    毎日、シゴトしながら

    聴けるように

    手元の見える場所におきました。



    いまさらながら、

    ノウハウでもなんでも、

    耳から入ってくる情報は

    効率がいいと思います。



    ただ、PCのHDの中の音声ファイルなどは、

    削除したものも。


    すぐハードディスクの中がごちゃごちゃになってしまうから。

    防災の日が近いからか、

    落雷が多いからか・・・



    ハードディスク内のデータのバックアップも
    しました。


    このブログをご覧のみなさま、

    もし、最近バックアップをとっていなかったのなら、

    これも、何かの機会です。

    すぐ行動しましょう。^^

    在宅のビジネスは、自由度が高いです。

    個人事業主の場合は、自分が社長。自分が従業員。自分が・・・
    仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書 や 5-1)


    仕事柄、まだまだパソコンとの格闘というか、PCでの作業が

    1日の中でかなりの割合で占めています。



    短時間で効率的に体力をつけるために

    筋トレはとても魅力を感じます・・・

    とはいえ、子育て中のストレスで運動を

    10年もしていなかったので、

    いま体にいいことをしているといえば、

    ウォーキング。

    保育園に息子を送るときに

    勤めて徒歩で出かけるようにしています。

    保育園へ息子を預けた後は、

    さらに歩行のスピードを上げて

    心拍数をちょい上げ気味にして・・・


    帰宅後、軽くシャワーを浴び、

    PC作業です^^



    体が慣れてきてしまい、
    いよいよ筋トレへ移行かな・・と。

    2ヶ月前、あまりに長時間トイレに行かず
    膀胱炎になってしまった私・・・




    よいう、セールスレターで

    「血尿がでるまで・・・」というフレーズで

    アフィリエイトがうまく行かない様子を表現していますが、

    ほんと、あるときには、どうしても

    作業を続けるあまり、

    下半身がうっ血したり、トイレが遠くなってしまいます。

    要注意です。




    会社勤めとちがい、自分で好きなだけ作業できるので。

    セルフコントロールは大切です。


    体を動かすと、かえって効率があがりますし、

    ウォーキングは、いろいろネタが浮かんだりして

    とてもいいと思います。



    アフィリエイトが楽しくなります♪

    ブログネタ
    幸せだなあと思うときはどんなとき? に参加中!
    幸せと思うとき・・・

    いまは、幸せです。

    何より、自分の仕事(ワーク)があること。

    家族があること。

    夫、子ども達と一緒にいられること。


    今日は、保育園がないので、ゆっくりと家で朝食をとって、

    いささか満腹でおなかが苦しい感じ・・・


    ということで、もう一度ベットに入って読書です。

    読んでいる本は・・・

    それが、

    金持ち父さんシリーズだったりして(笑

    フツーの人は読まないって、突っ込みはナシで。

    金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン



    金持ち父さんは、自分の息子マイクとロバート(著者)にビジネスを

    教えるために、いろいろな話を事あるごとにするんです。

    今日私がこの本で読んだ箇所は、

    「ジョブjob」と[ワークwork」の違いについて


    起業家は常にワークし続ける。
    そのワークは必ずしもお金がもらえる保証はない。

    従業員は常にジョブを求めて対価を要求し続ける。

    どちらの生きかたが正しいということはない。

    でも、どちらを選べばいいか?

    と問われたら、


    従業員の生きかたは今は選ばない。

    若かったころの私は、従業員の生きかたを思い知った。

    「恐怖」との戦い。

    それは、「失うことの恐怖」

    給料に「遅配(ちはい)」という言葉があることを、

    そのとき知った。

    毎月、間違いなく給料が振り込まれると信じて疑わなかった

    あのころ。






    私には、今、「ワーク」があります。

    自分でなんとかして、自分が動かないと、キャッシュは振り込まれない。

    キャッシュが振り込まれないのを「人のせい」にはできない立場です。

    だから常に、「恐怖」を感じるのではなく、「いかに進むか」を「考える」

    ように変化しました。


    そして、そこから産み出したお金は、またさらに「ワーク」のために

    使うこととなります。

    例えば、いろいろなセミナーにでて、新しい考え方を知りたいし、

    そうした考えを知ったあとに、また、自分が変わっていくのは、とても

    楽しい。


    そう。幸せなのは、自分の仕事「ワーク」を手に入れたということ。

    そのおかげで、今の私は夫とも対等に話しができるし、

    ちょっと、学校の保護者との人間関係で「?」と思うことがあっても、

    決して感情的になって袋小路に入ってしまうこともない。

    子どもの健康面で心配があったり、

    勉強が芳しくないことは悩ましいけど、

    思いつめることのない視野を持つことができる。


    これは、とても幸せなことです。

    サイトアフィリエイトの醍醐味は、ほったらかしにある。

    そんな意見聞いたことありませんか?

    ガーデニングに一時期はまっていた私も、なんだか、

    サイトアフィリエイト(いや、メルマガアフィリエイトにさえ)

    共通点があると思うのです。

    春本番から五月にかけて、一番私の庭の中でステキな季節です。


    モッコウバラ庭のモッコウバラが満開です


    思えば、芝生が一面に張られた庭の土をすべて耕して、

    どんな庭にしようか、計画し、ひとつひとつ思うようにいかない

    面もあったけど、楽しく庭を作ってきました。

    時には、台風ですくすく育っていたミモザの木が途中で折れてしまったり。

    根付いて欲しい球根が他の植物に駆逐されて跡形もなく

    なくなったり・・・

    でも、種を蒔かなければ、実を結ぶ可能性もないわけで。

    その土地にあった植物は、ほっといても毎年見事に花をさかせ

    実をつけてくれます。


    5年前から変わりません。

    「ほったらかしでも自生できる庭」(笑

    構想はその3年前。(3年間は試行錯誤。道具も本も資材も買い込んで研究しました)

    庭って、本当に手間とコストがかかるのです。

    それを。できるかぎり、

    楽しく「手間」をかけられ、できるだけ安上がりに。

    環境にマッチした庭にするように設計しました。

    庭づくりいまは手入れナシの自生する庭

    ビジネスも似たようなところがあります。

    そして、私は最初は大変だけど、「ほったらかし」もいいし、

    じっくりライフワークとして進めて、「手間をかける」のもいいものだ

    と気が付くようになりました。

    そんな、夢のある、アフィリエイト。ネットビジネス。

    私の頭の中には、大好きな花が咲き乱れるマイガーデンが
    描かれています。

    ● 無料レポート

    『HIDE流〜じっくりコトコト煮込んだアフィリエイト』

    HIDEどす。たった450人の読者でも、月に40万円のアフィリ報酬をさくっと稼ぐ手順を、全57ページにて無料公開しました。

    ダウンロードして読んでみる

    起業 失職 そして 出会い 死

    スティーブ・ジョブズ2005年
    スタンフォード大学の卒業式のスピーチです



    振り返って、あきらめずに続けてよかった、
    と思うことはありますか?

    偶然今日は、あの、マッキントッシュというパーソナルコンピュータ
    の生みの親、スティーブ・ジョブズのスピーチを見る機会がありました。

    私にとって、結婚して、パートナーと歩むことは、
    今まさに、

    「本当に、この人と結婚生活続けていていいのだろうか?」

    という問いと、同時に、今を精一杯生きるために、
    自分に嘘をついて生きるのだけはやめたいという心の叫びの連続
    といった状況です。

    私が専業主婦のまま、
    社会の変化に気がつかず、

    パートナーの収入に頼りきりで、
    潜在的に何か不都合があったら、非は自分のほうにあるのだ
    と思い込む理由になるような、「負い目」は持ちたくない。


    正直に感じたことで、なんとか、経済的に自立しようと
    起業し、歩み始めたばかりです。

    まだ、その選択が正しかったかは、答えは出ていません。
    それが正しかったかどうかわからなくても、自分を信じて
    進むことしか、今の状況はできません。

    スティーブの大学卒業のスピーチは、
    そんな私を静かな力で支えてくれるように感じました。




    ネットビジネスは、正直変化が激しく、
    今までやっていたことが、半年後には通用しなくなる面をもっていると
    感じています。

    でも、自分の稼ぎ方を信じて、
    取り組んでいっています。

    それが、私にとっては、情報商材アフィリエイトであり、
    携帯アフィリエイトです。

    そして、インターネットを使ったビジネス、
    情報を発信すること
    考えること
    文章を書くことが
    好きな自分に出会えたことが幸せです。

    悔いのない死を迎えるために、
    毎日、自分にとって大切なことを
    選んで行動すること。

    これからも、私はきっとそういった生き方をしていくと
    思います。

    白魔術

    高校のころ、けっこう読みふけった学研の「ムー」
    などに、かならず出てくる特集。

    願いを叶えるとか、
    気に入らないアイツを攻撃するとか。(笑


    息子の通っているフットサルのカウンター下に、
    絵本や書籍やフットサルに関する
    雑誌が並んだちょっとした本棚がある。


    ・・・なぜか、神秘主義の秘儀の本とか、宗教関係の本が
    あったりする。なぞだね。



    時間をもてあましたので、その中の気になる本をとってみた。

    みんな、だいたい知っている内容だけど、

    「人間のもつパワー、エネルギーについて」
    「人間は、基本的に自由を求めて生きている」
    「自分の求めていることは、必ずそのエネルギーを得て現実化する」





    これらの内容が、おそらく、13歳〜18歳くらいの年齢の子
    を対象に会話形式で進んでいく本だった。


    そこまではいいのだが、
    「自己を捨てて、愛を形成するためには、自己の「死」が必要」
    とあった。

    現実、肉体が死んだら、この世界にはいられないのだけど、ポイントは、
    生きたままのその先の扉を許されるものが存在することがある。
    ということ。

    その先の扉を通ったものは、自在に人の心を
    コントロールできる。と。

    さらに、それを会得したものは、「白魔術」つかいとなるか、
    「黒魔術」つかいとなるか。それは、本人次第。


    この世でそれの体現者となりうる一つが、
    現代社会では、「広告」。と書いてあった。


    (c) .foto project


    「広告」は、それを受ける人びとにココロをスピリチュアル的(?)
    にいう「愛」に満ち溢れた「光」ある世界へ導きもする「白魔術的」方向にも導くし、


    逆に、いつでも愛に「飢えた」、欲するまま欲を求め続けても、満たされることのない、暗黒の、救いのない絶望の「闇」の中に人びとを突き落とす「黒魔術的」な方向にも誘いこむことも可能であるという。





    アフィリエイトが、ある種の人々から、疎まれていることの一つの理由にはならないかなと、ふと、考えた。また、ある意味「恐れられている」ことすらあるかもしれない。

    そういうあたしは、アドセンスの広告は、絶対にクリックできないし(笑
    お金かかっているものね〜


    サイトを持ち、アクセスが多くなり、ファンが増え、それにつれて、周囲に及ぼす「影響力」が次第に大きくなることを考えても、その証拠となりうるし、

    一個人ではなくとも、「口コミ」が大きなうねりとなり、
    状況を変化させることも
    その証拠。

    バックグラウンドで、いろいろなアルゴリズムを解析し、そこから、自分の好きなように操作する力を持つ者が存在することも。一つの現れ。






    これからも、「白魔術」に属して、自分の周りから
    変えていきたいと思った。


    偶然に手にした書物だったのだけど。なんだか「シンクロ」している。

    「白魔術の記事」

    茂木健一郎 クオリア日記 白魔術


    「好きを貫く」ための「お金・リテラシー」




    (´・ω・`)



    【白魔術的宣伝か黒魔術的宣伝か 】の続きを読む

    アフィリエイターって、ほんと、どっちの側?「販売者」?「消費者」?
    それを決めるのは、アフィリエイター自身だったりする。



    アフィリエイターは、そもそも「販売者」から「報酬」をもらっている。
    そして、商材の感想を書いた上で、特典をつけ、
    「あなたからかう理由」をつけて販売している。


    あるとき、ダメモトで、あるメルマガアフィリエイターの
    特典欲しさに、購入者としてオファーしたことがあった。


    彼のおすすめしている商材は、
    たしか、私は購入済みか、購入リストに入っていなかった。
    でも、彼の持っているオリジナル特典が欲しかった。


    「●●という商材を今度買う予定ですが、この商材でも
    あなたの特典対象になりますか?」


    問題は、その私の欲しいと言っている商材は、
    なんとアフィリエイターの報酬がたったの「1円」だった。



    そのアフィリエイターは、

    「申し訳ないけど、報酬が1円なんで、勘弁して欲しい」

    と販売を断られてしまった。


    ・・・・ダメもとだったので、「やっぱり」と思ったけど、
    もっともなような、なんだか釈然としないものだ。


    やっぱり、ビジネスだから、「商売」だから売り方いろいろ。




    その方は結果的に機会損失となったのには気が付きません。
    そのときの私は、い〜っぱい買ういいお客様だったのに・・・
    そんなの、これだけのメールのやり取りだけじゃわかるはず
    もないですよね。



    今はその方が誰なのかさえ忘れてしまった私ですが、
    そんなことはどうでもいいのです。



    その方にはその方の売り方のポリシーがあったのだと、
    今は思います。せっかくメールした「私=客」
    に、もっと別なアプローチ(提案)方法があったかもしれないのに。


    手間を惜しんだのか、ポリシーがあるのか。




    そんな「出会い」や「別れ」を通しての、
    アフィリエイター修行。


    このページのトップヘ