アフィリエイトスクエア♪人妻自立化計画代表

寿(ことぶき)退社から11年。社会から隔離された環境でちょいボケの私。ネットビジネスで起業しました。好きなだけ自宅で仕事ができて、収入もじぶん次第。自分に自信もつきました。仕事のブランクも肥やしになる

    アフィリエイター

    インターネットでの副業は、魅力がありますね。

    特に、在庫をもたない、アフィリエイトや情報起業などの分野だと、

    パソコンとインターネット回線だけで、業務が完結します。

    サラリーマンの方も、それならばと、

    週末や早朝の頭の冴えた時間を利用して、サイトを作ったり、

    メルマガや商材の原稿を書いたりと、ネットビジネスに取り組みます。





    上手くこなせば、早い人で全くの初心者から3ヶ月で

    月収10万〜30万、100万へと成果がではじめます。


    ネットビジネスの結果から、安定収入への道が開けば、

    会社を辞めて独立する流れになります。




    会社の事務所は、自宅。

    いつ仕事をしてもいいですし、

    スーツを着込む必要はなく、パジャマでだってOK。

    通勤時間もありません。

    その時間を自分の自由時間にしたっていいんです。


    まさに、自分が自分の主人であるという実感。

    人生の主人公となった今、

    生き生きした自分がここにいる。




    サラリーマンの夢ですね!?Σ(´∀`)


    でも、安定した稼ぎを構築しようとすると、

    一人で仕事しているのは、非常にあぶなっかしい。

    カラダも酷使するし、なにしろ、病気になったら、売り上げは

    がた落ちです。個人プレイは長くは続かないのです。


    ビジネスが発展してくれば、スタッフも雇うだろうし、

    仕事の外注も必要です。。




    結局、スタッフが集まる場所としてのオフィスが必要

    自宅と仕事場の区切りをもっとしっかり付けたい

    などの理由から、みなさんトップアフィリエイターとなり

    自宅の近くにオフィスを持つのですね。






    やはり仕事とプライベートは分けてあったほうが、
    仕事は効率的にこなせるのでしょうね。

    でも、以前とは違います。


    会社の仕事ではなく、自分のビジネスです。

    会社のオフィスではなく、自分のオフィスです。




    サラリーマンだった以前の自分と見える景色が違ってくるのです。





    アフィリエイターって、ほんと、どっちの側?「販売者」?「消費者」?
    それを決めるのは、アフィリエイター自身だったりする。



    アフィリエイターは、そもそも「販売者」から「報酬」をもらっている。
    そして、商材の感想を書いた上で、特典をつけ、
    「あなたからかう理由」をつけて販売している。


    あるとき、ダメモトで、あるメルマガアフィリエイターの
    特典欲しさに、購入者としてオファーしたことがあった。


    彼のおすすめしている商材は、
    たしか、私は購入済みか、購入リストに入っていなかった。
    でも、彼の持っているオリジナル特典が欲しかった。


    「●●という商材を今度買う予定ですが、この商材でも
    あなたの特典対象になりますか?」


    問題は、その私の欲しいと言っている商材は、
    なんとアフィリエイターの報酬がたったの「1円」だった。



    そのアフィリエイターは、

    「申し訳ないけど、報酬が1円なんで、勘弁して欲しい」

    と販売を断られてしまった。


    ・・・・ダメもとだったので、「やっぱり」と思ったけど、
    もっともなような、なんだか釈然としないものだ。


    やっぱり、ビジネスだから、「商売」だから売り方いろいろ。




    その方は結果的に機会損失となったのには気が付きません。
    そのときの私は、い〜っぱい買ういいお客様だったのに・・・
    そんなの、これだけのメールのやり取りだけじゃわかるはず
    もないですよね。



    今はその方が誰なのかさえ忘れてしまった私ですが、
    そんなことはどうでもいいのです。



    その方にはその方の売り方のポリシーがあったのだと、
    今は思います。せっかくメールした「私=客」
    に、もっと別なアプローチ(提案)方法があったかもしれないのに。


    手間を惜しんだのか、ポリシーがあるのか。




    そんな「出会い」や「別れ」を通しての、
    アフィリエイター修行。


    このページのトップヘ